PERFORMANCE

MONTHLY/ANNUAL SCHEDULE:

Reservation(御予約):

メモ: * は入力必須項目です


SINGERSONGWRITER


15歳、高校の文化祭で初めてバンドを組み弾き語りをする。

 

2016.4 神戸大学軽音部所属。その後はコピーバンドを組みながら、作曲やピアノ、芸術全般を学んだ。

 

2018.9 MASH HUNT8月度優秀作品に「LADY」が選出、音楽雑誌MUSICA掲載。

 

2018.11 LIVE BOOSTER セミファイナル出場。フジテレビ系列音楽番組「Tune」にオーディションライブの一環として出演。

 

2019.3 FM802にて「Love Song」オンエア。その後はオリジナル活動に打ち込む。

 

2019.4 Ryuunosuke Tateyamaとして本格的な活動を開始。「フクロノネズミ」出場。その後、様々なブッキングライブに出演。主な出演先は「KOBE VARIT.」「太陽と虎」。

 

2019.6 アルテマ音楽祭2へ出場。

 

2019.7 1stEP「Free it」リリース。

 

2019.9 インディーレーベル「sonic form」に入る。自身初のBand編成でのライブ活動を開始。

 

オリジナリティのある思わず体の揺れてしまう楽曲トラック、懐かしいメロディライン、耳なじみの良い声が特徴。

 

CreatOR


15歳で作曲、DTMの独学を始める。

 

 

2017.8 神戸大学表現創造演習「signal」にて初めての自作曲の公開。(計4曲:instrumental)

 

2017.9 自身で初めてとなる、作家事務所との契約をする。

 

2018.3 自身がVocalを務めた初作品「cluera」を初公開、以後2019.3までに4曲をリリースする。

 

2018.9 MASH HUNT8月度優秀作品に「LADY」が選出、音楽雑誌MUSICA掲載。

 

2019.3 FM802にて「Love Song」オンエア。

 

2019.4 Ryuunosuke Tateyamaとして本格的な活動を開始。

 

2019.10 東京大学准教授作品「namacomode」編曲を担当。

 

アイドル・シンガーのための作曲編曲から、劇伴曲の依頼の他、作譜の仕事等も個別で行っている。

 

 

PIANIST


 クラシックピアノを椋木裕子、坂東肇、Raimond Campisiに師事。

 

2007.10 宝塚ベガ学生ピアノコンクール最優秀賞等受賞多数

 

2018.8 PragueMusicCamp/Raimond Campisi's Master Class修了

 

2019.1 独学の元、初の自作JazzPiano曲「Street hills」を披露。

 

2019.3 神戸大学発達科学部人間表現学科有志卒業演奏会にてRachmaninoff Piano Concert No.3を演奏、課題も残しつつ、アマチュアとしては異例の大成功を収める。 (*この協奏曲は世界的に技術的・音楽的要求の高さが最高水準とされているため)

 

2019.4 Ryuunosuke Tateyamaとして本格的な活動を開始。

 

2020.2 久保惣記念美術館にてジャズ曲を演奏予定だったが、新感染症の拡大防止のため公演中止。

 

Classic/Jazz演奏の他、合唱伴奏や個人指導/Support Pianist Keyboardist としての仕事も行っている。